ファンベルト

2回目の車検を終えた車両でしばらくしてからボンネットから白い煙が出てパチッと大きな音がした。積載車で
現場に到着して点検すると、ファンベルトが切れていた。車検時にファンベルトは点検しており異常は見られなかった

ようだが、工場へ修理に出した。工場でリフトアップしてアンダーカバーを取り外すことに苦労したようだ。
最近の車はエンジン側の下からカバーで保護されていて、見にくくなっているのが現状だ。ファンベルトを
一つずつ手で回して点検するとエアコンのマグネットクラッチが回らない。コンプレッサがロックしたのかと
おもいコンプレッサシャフトを回すと、簡単に回転した。ブーリーのベアリングがダメになってコイルと擦れて
焼きついたようだ。車検時はファンベルトの異常はなかったがベアリングに異常があったようだ。異音がないので
気付かなかったのだろう。メーカー補償は5年、10万キロ以内とのこと。ダメもとで交渉したが、やっぱり
補償はNG。新品に交換した。

レクサスRX 値引き

お気に入り