充電ステーション

リブノーブル市では6万人以上の学生が、フランスの中でも有数の近代的なキャンパスになっている。1987年
に、同市はナント市につづきフランスで2番目にトラムを再導入した都市である。2013年には、7800万人

が地元に公共交通機関を利用している。昨年6月28日に、新しいトラムであるラインEの開通式典が実施された。
そのほか、環境的に優しい移動手段としては自転車も重要な役割を果たしており、5000台のレンタルサイクルが
あるほか、計320km以上の自転車専用道も存在している。EDFは約30箇所の充電ステーションを提供するが
、車両の電動化、電池技術ならびに充電インフラについて、半世紀以上の経験を有している。EDFは、公共部門・
企業部門・一般のお客により持続可能な交通手段を促せるよう、一端を担って生きたいとされている。本プロジェクトでは
EDFの完全子会社であるソデトレイル社が、EVやPHVの充電インフラの管理・運営を担当する。

車 税金

お気に入り